スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一新。
夕方、ホームスティのお父さんからおつかいを頼まれ近所のコンビニへ。

いつのもようにお店に入ると、ひとりだけ見慣れない店員さんがポツリとレジを打っていました。

新人さんかなー?と思いながら店の中をグルグル回っていると突然、その店員さんがお客さんのレジ打ちをしながら話しかけてきたんです。


「よう、なに探してるんだい??」


よく見てみるとその店員さん、自分がそのお店に行くと毎回のように面白い話を聞かせてくれる愛想の良いお兄さんではないですか。

遠目では気づかないわけです。

長かった髪をばっさりと切り、まるで別人のようになっていました。


「この週末に切ったんだよ。いい感じでしょ??」


そう、すごくイイ感じなんです。

長い髪が印象的だった彼が、急に坊主と言えてしまうほどの短髪のスポーツマンに大変身。

髪型でこれほどまで印象が変わるものなんだなーと再認識させられてしまいました。


その帰り道、自分が彼のように坊主にしたらどうなるんだろう、なんてしょうも無いようなことを想像してみました。

・・・似合わないこと請け合いですよね。笑

苦笑いもそこそこに、通い慣れた家路につくのでした。
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。